Bizcaとは

プラットフォームの特徴

Bizcaは、様々なアプリケーションを、Bizca上で使用できるようになるプラットフォームを目指しています。
使いやすいユーザインタフェースやシステム連携に必要な基本機能をプラットフォームとして提供しております。
プラットフォームイメージ
プラットフォーム

マッシュアップ機能

Web上の他のサービスとの情報連携を支援する基盤となる機能です。マッシュアップを利用するための情報を登録することで利用が可能です。
株式会社リクルートの提供する宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」、グルメサイト「HotPepper.jp」や、株式会社ゼンリンデータコムの提供する地図サービス「e-map AD」等と連携したサービスを提供しております。

パーソナライズ機能

メニュー画面、ポータル画面をカスタマイズし、スタートページとして利用することができます。よく使うメニュー順に並び替えたり、よく閲覧するWEBサイトのURLをブロックとして追加したりなど、個人単位で使いやすく設定することができます。
Bizca全体のデザインも2種類の中から選んで変更することができます。
パーソナライズ画面

SaaS連携

他社提供のSaaSサービスと情報連携をする仕組みを備えています。

多言語化への対応

オフショアなどが広がりつつあるビジネス背景にあわせ、多国籍チームの仕事をサポートします。現時点では、日本語および中国語に対応しており、今後も対応言語を拡大する予定です。