ホーム » ニュース » 2010年01月

ニュース&トピックス

2010年01月12日 SaaS型統合グループウェア「Bizca」をバージョンアップ(1.06)
スケジューラの登録項目及び確認メール送信先の改善と組織の兼務に対応
 SaaS型の統合グループウェア「Bizca(ビズカ)」のバージョンアップを2010年01月12日(火)に行います。今回のバージョンアップでは、お客様よりいただいたご意見・ご要望に基づく改善を搭載、以下のような改良を行います。
<バージョンアップの特徴>
 (1)スケジューラの登録項目及び確認メール送信先の改善
  スケジュールの登録・更新・削除の実施時にメールを送信するか否かを以下から選択できるようになりました。
「全員に送信 / 追加/削除された参加者のみ送信 / 送信しない」
参加者を追加した際に追加参加者のみへメールを送信したり、ちょっとした更新の際に参加者へのメール送信しないことが可能です。
更に、スケジュール登録項目にも改善を加え、「直行・直帰」が判別可能となったほか、会議室を複数指定できるようになりました
 (2)組織が兼務に対応
 ユーザが複数の組織に所属可能となりました。最大で5つの組織に所属することができます。複数組織の長を兼務している場合でも、実際の組織図通りに登録することが可能となりました。
 <バージョンアップの詳細>
 このほか、新ブロックの追加、新機能をお知らせする仕組み等、多数の改良を行っております。詳細は以下のサイトでご覧ください。
http://manual.bizca.jp/bizca_release/bizca_201001_01/?nrv1.06
販売価格

ベーシックサービス(月額) 735円 / 1ユーザ
オプション料金(月額)
社内ブログ 315円 / 1ブログ
アンケート 315円 / 1回答者
ドキュメント(Wiki) 1050円 / 10ページ
ワークフロー 525円 / 1ユーザ
Webメール(クライアント) 315円/ 1 ユーザ

※販売価格は全て税込の価格です。
※セットプランもございます。

サービス開始日
 2010年01月12日 (火曜日)
お問い合わせ
 サービスに関するお問い合わせは、以下よりお願いいたします。
 SaaSグループウェアBizca お問い合わせ